アートメイクとは何か

アートメイクの施術について見てみましょう。アートメイクはニードル(針)を用い、皮膚の表皮の部分にのみ色素を注入します。色素を注入する深さがタトゥーとは違うのです。

医師皮膚は表面にある「表皮」、その下にある「真皮」からなりますが、タトゥーの場合は、深い真皮に色素を注入しますので、新陳代謝により表皮が入れ替わっても真皮に色が沈着し続けます。それに対し、アートメイクの場合、ほとんどの方のケースで2~3年で色が薄くなり始め、約5年でほぼ消失します。つまりアートメイクを継続したい方の場合は、約3年に1回、色素を注入し直す必要があるのです。しかし、お化粧にも流行がありますから、約3年に1回アートメイクを継続するかどうかや、継続するにしてもお化粧の色や形を調整できるのはむしろメリットと言えるのではないでしょうか。

もしアートメイクに興味が出てきたら、信頼のおける美容皮膚科クリニック等に相談するようにしましょう。アートメイクは医療行為ですので医師免許を持つ医師にしか施術することができませんが、近年、医師免許を持たない業者によるアートメイクの存在や、トラブルの発生が報告されており注意が必要です。大切なお顔への施術となりますので、しっかりと調べて信頼できるクリニックにお願いするようにしましょう。