アートメイクとは何か

アートメイクの施術について見てみましょう。アートメイクはニードル(針)を用い、皮膚の表皮の部分にのみ色素を注入します。色素を注入する深さがタトゥーとは違うのです。

医師皮膚は表面にある「表皮」、その下にある「真皮」からなりますが、タトゥーの場合は、深い真皮に色素を注入しますので、新陳代謝により表皮が入れ替わっても真皮に色が沈着し続けます。それに対し、アートメイクの場合、ほとんどの方のケースで2~3年で色が薄くなり始め、約5年でほぼ消失します。つまりアートメイクを継続したい方の場合は、約3年に1回、色素を注入し直す必要があるのです。しかし、お化粧にも流行がありますから、約3年に1回アートメイクを継続するかどうかや、継続するにしてもお化粧の色や形を調整できるのはむしろメリットと言えるのではないでしょうか。

もしアートメイクに興味が出てきたら、信頼のおける美容皮膚科クリニック等に相談するようにしましょう。アートメイクは医療行為ですので医師免許を持つ医師にしか施術することができませんが、近年、医師免許を持たない業者によるアートメイクの存在や、トラブルの発生が報告されており注意が必要です。大切なお顔への施術となりますので、しっかりと調べて信頼できるクリニックにお願いするようにしましょう。

メイク時間を短縮する

メイク毎朝のメイクには、けっこうな時間がかかるでしょう。特に寝坊をした朝などは大変です。焦っているものですから思い通りのメイクができずさらに時間がかかったり、イライラしてしまったりします。

何とかして朝のメイクに必要な時間を短縮する方法はないのだろうか、と切実に思ったことのある方も多いと思いますが、貴女はアートメイクという言葉をご存知でしょうか。

眉などを塗らなくても常にメイクがされているように見えます。毎朝メイクをする必要がありませんので経済的ですし、汗をかいたり雨に降られたりしても化粧崩れの心配がありません。

経済的で、朝の忙しいときのメイクの時間短縮にもなるいいことずくめのアートメイクとは具体的にどのようなメイクなのでしょうか。アートメイクとはニードル(針)を用いて皮膚の表皮に色素を入れることにより眉やアイラインを描く方法のことを言います。マイクロピグメンテーションと呼ばれることもあります。

実はアートメイクは医療行為であり、医師免許を持った医師がいる美容皮膚科クリニックなどで施術してもらう必要があるのです。皮膚に色素を入れると聞いて、タトゥーと同じものかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、アートメイクはタトゥーは違いますのでご安心ください。

毎朝メイクに費やす時間を短縮できれば、長期で考えますと大幅な時間の節約となり、貴重な時間を他の大切なことに使えることになります。このサイトではアートメイクやまつ毛エクステなど、メイクの時間短縮に役立つ方法について詳しくご紹介させていただきます。